株式会社 大上建築

copyright© ogamikenchiku Co.,Ltd.

つくりのこと

暮らしやすくて、ここちのよい家つくりの仕様を考えました

 

家のつくりで大切となる構造体や断熱材、ここちよい空間をつくるための内装の素材について

大上建築がおすすめしているものをご紹介しています。

これらを基本に、お客様の暮らし方に合わせたご提案もいたします。

構造体

 

 

 

基 礎

 

・べた基礎

 地盤調査を行い必要に応じて、地盤補強、杭工事をし、

 強固な基礎工事を行います。

 

 

基礎パッキン(床下換気)

 

・基礎と土台の間にパッキン材を設置します。

 それにより、建物全周で床下の換気を行い、空気の

 よどみをなくします。

 

 

 

土 台

 

・鳥取県産材を使用します。

 120mm角材(4寸角)の土台には、シロアリ対策

 とし、防蟻剤を注入してあります。

 

 

 

柱・梁材

 

・柱は基本的に120mm角(4寸角)の無垢材を使用します。

 通柱は桧、その他は杉材で、鳥取県産材を使用します。

・梁は、米松や広いスパンにも適している集成材を使用

 します。

 

 

断熱材

 

・基本は、高性能グラスウールを使用し、省エネ等級

 4級に適合する断熱材とします。

 

・また、山陰の多湿な気候には呼吸をする断熱材であ

 るセルロースファイバーもおすすめしています。

 

 

屋 根

 

・耐久性に優れた日本瓦・洋瓦を使用します。

 その他、外観のイメージに合わせたガルバリウム鋼板も

 ご提案します。

 

 

 

外 装

 

 

 

外 壁

 

・サイディングを下地にお客様のイメージに合わせた色

 を調合し、吹付や塗壁で仕上げます。

・杉板やタイル貼りも外観のアクセントに使用します。

 

 

サッシ

 

・家の中で熱の出入りが多いサッシには、断熱性能を考

 えたアルミと樹脂の複合サッシを採用しています。

 ガラスはLow-eを使用します。

 

 

軒 裏

 

・杉板や防火性に優れた不燃ボードを使用します。

 

 

木格子

 

・窓廻りの目隠しや壁代わりに格子を設置します。

 防腐塗料を塗った無垢材を使用します。

 

 

ナラ無垢材

スギ無垢材

 

・無垢材をおすすめします。

 夏はさらっと、冬は暖かな表面は無垢ならではです。

 その他にも、機能性重視の方には汚れやキズに強い表面

 加工した床材も、ご提案いたします。

 

 

 

 

 

内 装

 

 

 

内 壁

 

・機能性クロスを基本に、家族が集まるリビングには吸放

 湿性に優れた珪藻土塗りをおすすめしています。

 キッチンにはタイルを貼ることも出来ます。

 また、リビングの1面に無垢材をアクセントで使う場合

 もあります。

 

 

 

 

天 井

 

・水廻りを基本に、各室には吸湿してくれる無垢の杉板を

 使用します。

 

 

 

 

階 段

 

・リビング階段には、開放的な空間を作り出すオープン

 階段をご提案しています。

 

 

 

 

PAGE TOP