掛戸板(かけどいた)

来待瓦を葺いた和風住宅の工事が順調に進んでいます。

玄関前の腰板は、山陰ではよく見られる掛戸板です。大工さんが板を加工し

組んでいく仕上げで、杉の木目がとてもきれいです。

また、天井を高くとり木の組手を現した開放的な玄関になりました。

腰より上の壁が白く塗装すれば、より掛戸板とのコントラストがはっきりして

締まった印象になる予定です。

Archive

株式会社 大上建築

copyright© ogamikenchiku Co.,Ltd.