外観の要となる瓦の選定をています。

今回の住宅は、昔ながらの和瓦で葺きます。その中でも、山陰特有の石州来待瓦です。

一般的な赤瓦と違い、銀色を含む独特の艶があります。

同じ来待瓦でも、窯業所により若干釉薬の色味の差が出ます。現物を取り寄せ、

今回の建物に合うのはどれかを外の光の下で確認しながら選定していきます。

どんなものでも自分の目で確認し、お客様により良い提案が出来るよう心掛けています。

Archive

株式会社 大上建築

copyright© ogamikenchiku Co.,Ltd.