天井下地

安来市内の現場では先月棟上げが終わり、大工さんが室内の作業に取り掛かっています。

順調に進んで、天井の下地が終わったところです。

これらの骨組みの部分は、家が完成すると見えなくなってしまいますが、

目に見えないところこそ、丁寧につくりあげていかなければいけません。

スタッフだけではなく、大工さんや職人さんの知恵と力を借りて、

より良い家になるよう頑張っています。

Archive

株式会社 大上建築

copyright© ogamikenchiku Co.,Ltd.