株式会社 大上建築

copyright© ogamikenchiku Co.,Ltd.

August 27, 2015

リフォームの物件で、畳の入れ替えを行いました。

 

最近は、畳の部屋をつくるお客様も減ってきていますが、改めて新しい青畳をみると

 

気持ちのいいものです。

 

イグサの匂いと柔らかな若草色は、どうしてこんなに落ち着くものなのか不思議です。

 

どのお客様も自分らしい家とは何か、他の人と違う家とは何かを考えながら家つくりを

 

される方が増えています。

 

そんな中でも、その「らしさ」に「日本人らしさ」も加わるとより心地いい家になるの

 

ではないかと、青畳を見ながら考えていました。

 

 

 

August 26, 2015

 

玄関前の手作り木格子が完成し取り付けられました。

 

塗装屋さんに色を調合してもらい、防腐材を塗りました。

 

玄関ドアの周辺は、タイルを貼る予定です。

 

今週から左官さんが、一枚づつ貼こみ完成した時には玄関が締まった印象になります。

 

外部はほぼ完成しましたが、外構(エクステリア)をして樹が植わったときに木の格子を

 

含めお互いを引き立て合う時が本当の完成だと思います。

 

 

 

August 21, 2015

 

 

今日は事務所で設計のスタッフがクロスの選定作業をしていました。

 

次回の打ち合わせのときにお客様に提案するために、各部屋に合いそうなものの

 

サンプルを取り寄せて図面と照らし合わせ数種類に絞り込んでいました。

 

設計のスタッフは図面をひくだけではなく、このような作業から打ち合わせまで

 

幅広くおこなっています。

 

 

 

August 19, 2015

 

今日はくもり空で、現場も少し涼しい天気です。

 

外壁の塗装が終わったので足場もとれ、建物の姿が見えるようになりました。

 

天気が落ち着いているので、現場監督が屋根に上がり、塗装の時に瓦にした養生のあとの

 

そうじやごみが落ちていないかチェックしています。

 

職人さんも暑い中の作業ですが、常にそうじをしながら工事を進めてくれています。

 

この積み重ねが、最後の仕上がりに影響します。

 

 

 

 

August 17, 2015

 

和風住宅の窓には、大工さんの手による庇が取り付けられます。

 

最近の住宅のつくりでは、アルミ製の庇をよく使いますが、和瓦の住宅には

 

そのような無機質な物より木製の手作りのものを使うようにしています。

 

外から見た時のしっくり感はもちろん、中から空を見上げるときに見える木目の

 

雰囲気はとてもきれいで、落ち着きがあります。

 

一見気づきにく部分をしっかり考えた家つくりをしていきたいと思っています。

 

 

August 11, 2015

 

以前からご相談をいただいていたお客様の土地が見つかり、プランニングが

 

始まりました。

 

現地を見に行き周りの雰囲気を感じてから、会社にてイメージを形にしていきます。

 

一回目のプラン打合せで、図面をみてお客様から色々なお話がでてきます。

 

何回も打合せを繰り返し、お客様の想いを形にまとめていき実現していくことが

 

設計だと思っています。

 

明日の打合せに向け、より伝わる濃いプレゼンが出来るよう作業を進めます。

 

 

 

 

August 7, 2015

 

合併浄化槽から下水道への切り替え工事を行っております。

 

市内でも下水道が完備され切り替え工事が進んでいます。

 

今回は配管の高さ調整も伴う現場となり、更にお客様が生活をしながらの工事の為、

 

現場・営業スタッフが工事の工程調整をお客様と密に行いながら進めています。

 

このような修繕・改修工事は特にお客様が不安をもたれることがあります。

 

その為、スタッフ一人一人が丁寧に対応し、お客様が安心していただけるよう

 

心がけていきたいと思っています。

 

 

 

August 5, 2015

 

 

10年前に増築させていただいたお客様から、改修工事の相談をいただきました。

 

以前改修していない部分を今回は工事します。

 

元々は和室の続き間だった3室をリビングと子供室に変えます。

 

解体がほぼ終わった段階で、昔の構造を確認し補強を検討します。

 

40年以上前のつくりにしっかりとした補強をいれ、また安心して暮らしていた

 

だけるよう工事を進めています。

 

 

 

 

 

August 4, 2015

 

 

妻飾りとは、屋根の妻側(屋根が三角形の形になっている壁面)の装飾のことです。

 

大工さんが現場で作ってくれていました。

 

これを現場のスタッフがいったん会社へ持って帰り、

 

塗装してから現場に戻し、取り付けを行います。

 

妻飾り一つとっても、既製品ではなくそれぞれの家に合ったものを、

 

考え作っていきたいと思います。

 

 

August 3, 2015

 

 

先日瓦の色決めをした現場では、連日の暑さの中職人さんが頑張ってくれたおかげで、

 

もうほとんど瓦が葺き終わっています。

 

最近では、瓦葺きよりガルバリウム鋼板を屋根材に選ぶことが多くなってきましたが、

 

瓦は屋根の過酷な環境下でも高い耐久性を発揮し色あせもほとんどなく、

 

現代の家づくりにおいても充分魅力的な材料です。

 

昔からあるものの良さを少しでもお客様に伝えていけたらと思います。

 

 

 

 

Please reload

Recent Posts

August 17, 2019

July 6, 2019

June 29, 2019

June 14, 2019

April 26, 2019

March 30, 2019

March 16, 2019

March 1, 2019

Please reload

Archive
Please reload

カテゴリー