現場打ち合わせ

今日は現場で、大工さんと設計のスタッフが打ち合わせをしていました。 現場ごとに現地で細部のおさまりなどを決めていきます。 大工さんの知恵を借りながら、より良い方法を考えていくよう心掛けています。

パナソニック展示会

先日、パナソニックの新商品展示会で岡山に行ってきました。 照明器具や水廻り、外壁等新しい商品を多数見学してきましたので、 またお客様にご提案できればと思います。

足場が取れました。

3月に上棟した建物の外観が現れました。 和風をイメージした外観と、施設内はナチュラルをイメージした仕上げと なっております。完成は7月末頃ですが、その頃には木が植えられ、 また一段と建物が素晴らしく見えます。 完成時は写真をUPしますのでぜひご覧下さい。

ヤマボウシ

事務所の玄関にヤマボウシの枝ものを生けました。 ヤマボウシは、4枚の白やピンクの花弁が咲く高木です。 ハナミズキと良く似ていて、どちらも庭のシンボルツリーとして人気があります。 清楚なイメージの白い花がとてもきれいです。

上棟式

最高の天気の中、上棟式をむかえることができました。 今回の住宅は2世帯の為、少し大きな規模です。 大工さんが頑張って作業をしてくれたおかげで、無事餅まきも出来ました。 近所の方やお施主様のお子さんの友達なども餅拾いにこられ、にぎやかな終わりとなりました。 お施主様には、本当にうれしい言葉とお心づかいをいただきました。 スタッフ一同、これからの工事も身を引き締め頑張りたいと思います。

幣串(へいぐし)

月曜に上棟をむかえるお客様の幣串の準備が出来ました。 幣串とは、家内安全・魔除けの意味で新築の住宅につける飾りです。 3本の幣串をつくり、餅まきの時に祭壇の前に飾ります。 そのうち1本を大屋根の棟に納め、家の守り神として残っていきます。 当日の安全祈願も含め用意は万全です!

会社の草刈

梅雨を前にだいぶ伸びてきていた草を刈り、大きくなりすぎたケヤキの木を剪定しました。 人数の少ない会社ですのでこういう作業の時は、社長を含め全員で一気にやってしまいます。 なかなか全員一緒の作業というのはないので、少し楽しみながら頑張りました。

構造補強

改修現場の解体後に構造の補強材をいれました。 古い家で、増築を繰り返して住まれているお宅は、筋交いという構造補強材が入って いないことがよくあります。 地震や風での横揺れを止める為にも大切な部材です。 リフォームをするときには、ぜひ構造の見直しもしていただきたいと思います。

外部工事終了

松江市内の現場です。 工事用の足場を解体したので、建物の外観写真を撮りました。 建物コーナー部分に特徴的な出窓をつけた社長こだわりのデザインです。

OB客様から家の門を直したいとの相談をいただき、社長と伺いしました。 敷地内には、以前改修した母屋と蔵があります。 他の建物と合わせたイメージで門を建て替えたいとのことでした。 昔からの集落のなかで、馴染むものをお客様が考えていらっしゃるのが 少しうれしく思いました。 最近は、まわりの雰囲気に合わせて古い家を改修するところが少なく、 なんだか浮いてしまうのを見かけます。 新しいのに初めからしっくり馴染むような門をご提案出来たらと考えています。

白アリ駆除

本日は、白アリ駆除の為に工事を行いました。築約20年のお宅で、 気付いたら和室の障子にびっしりと黒い羽根アリがついていたようです。 白アリは新しい巣を探す時や表面で見える時は、黒っぽく変色したりします。 羽根アリは5~6月頃多く見られます。もしかしたらと思われたら、 点検でも大丈夫ですのでご相談下さい。

型枠ばらし

昨日に続きとてもいい天気となりました。 米子市内で再来週に上棟する現場の基礎が、仕上がっていきます。 型枠をばらしコンクリートの姿が見えてきました。 基礎工事の段階では、建物は小さく見えるものです。(お客様にもよく言われます) 今回は2世帯住宅ということもあり、この時点でかなり大きく感じます。 上棟式では、久々に餅まきがあるのでまたその様子もUPします。

快晴

続いていた雨があがり、快晴となりました。 工期も終盤を迎えている現場は、この晴れで外壁の仕上げ作業をおこなえました。 現場はいつも天気との相談になります。

クロス貼り

大工工事が終わって、内装工事が始まりました。 順調に作業が進んで、職人さんも笑顔です。 壁紙が貼られるとすっかり家らしくなりますね。 完成間近ですが、最後まで気を抜かずに進めていこうと思います。

トグルスイッチ

松江市で新築中のお客様より、スイッチプレートをお預かりしました。 普通のスイッチとは違い、ツマミを上げ下げしながら操作するトグルスイッチです。 プレートも真鍮で作られたもので、「MATUREWARE」という真鍮製品を手掛ける メーカーのもので、独特の表情があります。 ホワイトのペンキで仕上げる壁に、これが取り付けられた時の姿が今から楽しみです。

改装スタート

去年増築工事をさせていただいた現場で、かまっていなかった部屋を改装させて いただくことになりました。 構造補強をするためにも、壁や天井を解体し新しくします。 昔ながらのどろ壁が出てきました。 大工さんと構造をみて検討したいと思います。

みつろうクリーム

蜜蝋クリームとは、ミツバチの巣からとれる蝋となたね油等を原料とした 自然素材のワックスです。自然素材ならではの安全性とメンテナンスの しやすさで人気のワックスですが、実際にどんなものかと取り寄せてみました。 実際に塗ってみたところ、木材が少し濡れ色で濃くなるくらいで、 手触りもほとんど変わる事なく、木そのものを活かす事が出来ます。 また、水もはじきますので何かをこぼしてしまったときに拭き取りやすく、 汚れも付きにくくなります。 自然塗料は、木に浸透して油分で保護をするものなので、表面に塗膜をつくる ウレタン塗装(表面がツルツルしている塗装)のように表面強度はありませんが、 木の質感が残る塗装を求めるなら良いものだと思います。 (杉板を使用、左半分がみつろうクリームを塗ったものです。)

測量 in お寺

今日は、以前から工事をいただいているお寺の敷地の測量作業を行いました。 本堂や開山堂の配置を確認しながらの作業で、かなり広い敷地に苦戦しました。 普段お寺の中を測る機会はなかなかないので、改めて大きな柱・梁の組手をみることが できる貴重な測量となりました。

Recent Posts
Archive
カテゴリー

株式会社 大上建築

copyright© ogamikenchiku Co.,Ltd.